うつ病の症状を把握しておくことが完治への近道

  1. ホーム
  2. 病気は段階的に悪くなる

病気は段階的に悪くなる

医者

早期発見が治療の一歩

うつ病は、本人が周囲にうつ病を発症したことを伝えない、または周囲も本人の症状に気がつかないというケースはよく見られます。うつ病の症状として、「やる気が出ない」「集中力がなくなった」「生活に楽しみがない」などの症状がよく言われます。ただ、このような症状は誰にでもおこります。そして、この状態が2週間以上続いている場合は、うつ病を発症している可能性が高くなります。ただ、うつ病になりやすい人は真面目で責任感の高いことが多いことから、家族が初期の症状を見落とすことがあります。初期段階で病気を見落とし、うつ病の状態が治療されず、放置されたままになるとうつ病は重症化します。将来のことを悲観したり、夜に眠ることが出来ず、昼間に睡眠を取るなどの昼夜逆転生活を始めたり、物忘れが多くなるなどの症状が加わります。この段階になると、昼夜逆転生活となるため、会社で働くことができないことや学校に行けないなど、日常生活に支障をきたします。午前中は気分が落ち込み、仕事の能率が上がらない状態なのに夕方はテンションが上がったり、動作が緩慢になったり、イライラや焦燥感に襲われます。発症した本人は、これらのことから消えてしまいたいと考え、仕事をやめたり、離婚したり、最後には自殺を試みてしまうこともあります。可能ならば、うつ病の初期症状で家族や周囲の人間が気が付き、専門の医療機関で然るべき治療を行えば、寛解は難しい病気ではありません。しかし、初期症状を見逃し、重症化したうつ病は大変治療が難しくなります。初期段階では充分な休養を取り、抗うつ剤を服用することで症状は改善されます。しかし、重症化した場合は抗うつ剤の服用や休養を取ることだけで症状の改善はなかなか進みません。重症化した場合、家族や周囲の人間の心ない言葉でうつがぶり返すことがあるからです。そこで、本人の中にある「何事も否定的な思考パターン」を「より柔軟な思考パターン」に書き換える必要があります。そのために行われるのは、専門知識を持った医者によるカウンセリングなどになります。また、医師は家族や身近な人たちにうつ病を発症した人への関わり方を指導します。会社を休職している場合は復職をするためサポートをします。家族や周囲の人間に指導をすることで、本人が心ない言葉をかけられるリスクを減らします。会社への復職をサポートすることで、本人の経済基盤を維持し自立することを支援しています。