うつ病の症状を把握しておくことが完治への近道

  1. ホーム
  2. 慎重な診断が必要

慎重な診断が必要

看護師

うつ病の最も基本的な症状は、その名前のとおり憂うつな気分になることで、抑うつ状態と呼ばれています。具体的には気分が晴れない、無力感や絶望感に支配される、楽しさや喜びを感じられないといった症状が挙げられます。こうした気分の障害のほか、うつ病には思考の障害や意欲の障害といった症状も見られます。思考の障害とは、健康な状態に比べると、物事の考え方が正常でなくなる症状を指します。とかくネガティブ思考に陥り、何をやっても上手くいかないと悲観したり、最終的には死ぬしかないと考えたりすることがあります。そこまでいかなくても、なかなか考えがまとまらず、いつもは普通にこなしている仕事ができなくなってしまうこともあります。意欲の障害とは、やる気が起きなかったり、やりがいを感じられなくなったりする症状です。仕事、家事や勉強はもちろん、スポーツや趣味などの活動にも興味が湧かなくなり、何をするのも面倒になってしまいます。以上は心の状態ですが、うつ病にかかると体に不調が現れる場合もあります。よく見られるのは睡眠障害で、寝付きが悪い、眠りが浅くすぐに目が覚める、いくら寝ても眠いなど、さまざまな症状が現れます。また頭痛や肩こり、食欲不振や吐き気なども比較的多く見られます。反対に過食気味になって、体重が増えるケースもあります。内科で診察を受けても異常が見られないときは、うつ病の可能性が考えられます。うつ病は脳内の神経伝達物質に異常が起きる病気と考えられていますが、神経伝達物質の量を直接的に測ることはできません。また病原菌やウイルスがいるわけでもないので、診断はもっぱら本人の訴えを中心に行われます。少し気分が落ち込んだり、ネガティブ思考になったりすることは誰にでも起こり得るため、本当にうつ病かどうかを決定するには、専門家の慎重な診断が必要になります。うつ病の疑いで精神科や心療内科を受診するとき、自分にとって都合の悪いことは言いたくないのが人情です。しかし正確な診断を下すためには、正直な気持ちを隠さずに伝えることが大切です。