うつ病の症状を把握しておくことが完治への近道

  1. ホーム
  2. 接し方を学ぼう

接し方を学ぼう

カウンセリング

言葉遣いに気をつける

身近にうつ病の人がいる場合、接し方に気をつけましょう。有名なものとしては、頑張れという言葉をかけてはいけないという点が挙げられます。本人は頑張っているため、それ以上頑張ることができないことを気にしてしまうからです。また、症状に関してもある程度は把握しておいた方がいいかもしれません。ただし、うつ病の人は様々な症状が出ます。人によって程度も異なることから、全てを把握するのは大変です。代表的なものだけを覚えておきましょう。特に知られているものとしてはダルさややる気が出ないといったことです。また、人と会いたくないという人もいます。そんな時に励ましの言葉をかけたり、無理に外へ連れ出そうとしたりするのは逆効果です。相手の気持ちに寄り添うようにしましょう。それから、言葉遣いにも気をつけた方がいいかもしれません。ちょっとした言葉でも傷つけてしまうことがあるからです。特に、落ち込んでしまうタイプのうつ病の人は、励ましの言葉だけでも深く落ち込んでしまう場合があります。不必要に言葉をかけないようにしましょう。メールでやりとりをしていてもすぐに返信がくるとは限りません。というのも、症状の一つに何事にもやる気が出ず、億劫になってしまうことがあるからです。そんなところも念頭に置いた上で向き合うことが大切です。いずれにしても、素人がうつ病患者と向き合うのはとても大変なことです。精神科や心療内科などの専門科にかかり、いろいろと相談した方が無難です。これらの科は患者本人に限らず、周囲の身近な人が相談に訪れることもできます。うつ病患者への接し方が分からず、困っている時などは相談してみるといいかもしれません。もしくは、精神科医や心療内科が監修している書籍を購入して、いろいろとうつ病について学習してみることも大切です。それらには症状なども詳しく記載されています。うつ病患者は自分で病気だと気づかないことが多く、精神科や心療内科を受診するまで期間がかかってしまうことも少なくありません。病状が進行してからようやく受診するという人も多くなっています。そのため、周りの人が早急に気づいてあげられることも大切です。そのためにも、うつ病の症状をいくつか学習してみましょう。