うつ病の症状を把握しておくことが完治への近道

  1. ホーム
  2. 自己判断は危険がある

自己判断は危険がある

男の人

複数の科を受診しよう

うつ病は頭痛や動悸、息切れなど様々な症状が現れますが、似たような症状が出る病気はたくさんあります。そのため、自己判断は危険です。インターネット検索の情報から勝手にこの病気だと判断せず、参考程度にとどめた上で複数の科を受診してみましょう。受診する科の検査結果によって、病名の判断も異なることがあります。例えば、うつ病もその一つです。うつ病の症状はたくさんあるので、医師によっては診断が間違ってしまうこともあります。一つ目の病院ではうつ病と診断されても、二つ目の病院では自律神経失調症と言われる人もいます。他に似たような症状が出る病気には、更年期障害も挙げられます。特に女性は40代くらいになると更年期障害になる人が多いこともあり、年齢だけで更年期障害と決めつけられてしまうことも少なくありません。もちろん、更年期障害とうつ病の治療法は異なります。処方された薬が全く効かなくなってしまうこともあるため、正しい病名を診断してくれる病院巡りは重要です。まず、症状をしっかり把握しましょう。いつ頃からどんな症状が出ているのかメモをしておくと分かりやすくていいかもしれません。念のため、女性の場合は婦人科も受診してみましょう。ホルモンバランスの崩れがうつ病のような症状をもたらすこともよくあるからです。他には心療内科や精神科といった科を受診します。更年期障害であれば、婦人科で治療を受けることになります。一方、自律神経失調症なら内科でも可能です。うつ病なら、これは断然、心療内科や精神科での治療が有効的と言えます。いずれにしても、どんな科を選択するかは自由です。自身によって効果的だと感じられたり、ここなら信頼できると感じたりする科を選びましょう。病気を治すには医師との信頼関係が大事です。特にうつ病は精神的な病気のため、信頼できる人に診てもらわないことにはなかなか回復に向かいません。心療内科や精神科はたくさんあるため、自身に合うところを探してみましょう。それから、症状の程度によっては先に別の科を受診させられることもあります。例えば、頭痛や腰痛といった症状がひどく、日常生活に支障が出るのなら整体院を紹介されることもあります。