うつ病の症状を把握しておくことが完治への近道

看護師

慎重な診断が必要

うつ病にかかると憂うつな気分になるだけでなく、ネガティブ思考に陥ったり、やる気が出なくなったりする症状が見られます。また睡眠障害や食欲不振といった身体的な障害が現れることもあり、慎重に診断する必要があります。

カウンセリング

接し方を学ぼう

うつ病患者への接し方は難しいものがあります。無理に励まさないようにしましょう。また、精神科や心療内科を受診して相談してみることも大切です。特徴的な症状なども知ることができます。書籍で学習することもお勧めです。

聴診器

病気と正しく向き合う

かつてはうつ病に対する根強い偏見がありましたが、誰でもなり得る身近な病という認識がずいぶん高まっています。しかし、どんな病気かという理解に関してはまだ不十分です。医学的に症状によりさまざまなタイプがあり、適切な治療を受けることが大事です。

男の人

自己判断は危険がある

うつ病の症状はたくさんあるので、症状によって受診する科は異なることがあります。女性なら婦人科も考慮しましょう。似たような病気に更年期障害もあるからです。それから、精神科や心療内科を受診するにしても、信頼できるところを探しましょう。

医者

病気は段階的に悪くなる

うつ病の症状は段階的に悪くなります。早期発見できれば治療は難しくありません。ただ、うつ病は本人が周囲に打ち明けない、また本人が気づかない、家族や周囲の人間が気づかない状態があれば、病気が見落とされ重症化してしまいます。

注目されている病気とは

レディ

突然起こる病気

うつ病は誰にでも起こりうる病気であり、突然、家族が発症してしまったという話もよく聞きます。最近では身近な病気の一つとして認識されています。その反面、どれだけうつ病の症状を知っているかでうつ病に対する対処が違います。その理由はうつ病の症状が人によって分かりにくいからです。さらに自分がうつ病だと認識できないでいる人も増えています。家族に病気の兆候が出ているのに気づかないということもよくあります。なので、ある日突然、症状が出て周囲が驚くのでしょう。しかも、症状が出てもどう対処していいのか悩む人も増えています。ある日突然、家族や自分がうつ病になってしまったらと考えるだけで怖いです。ちなみに症状は精神と身体、両方に出ます。その上、症状が時間とともに変化していくのも病気の特徴です。特に朝に症状が出ることが多く、夕方にはおさまっている場合があります。なので、第三者から見たら自分がなまけていると思われていると感じてしまいます。実際のところ、以前は病気の認識度が低くそう考えている人も大勢いました。現在もそう考えている人は少なくありません。ちなみに高齢になるにしたがってそう考えている人の割合が上がっています。最近では病気についてよく知ってもらおうと様々なところでセミナーなど行われています。お陰で少しずつ、病気に気づく人も増えています。さらにチェックシートなどが作成されています。もしかしたらと思ったらまず、チェックシートを使ってみるといいでしょう。病気の治療は早期発見が重要です。うつ病も早期に発見して治療すれば治癒できる病気です。確かに再発する可能性が高い病気の一つです。それでも、治療すれば再発しても深刻な状態になりにくいです。それにチェックシートを使ってうつ病の進行状態が判ります。治療するにあたって、医師に自分の症状を伝えることができます。あらかじめ、どんな症状が出ているか伝えることで自分も病気を再認識することができます。最後に病気を自分や周囲が認識して、協力しあって治療することが治癒への一番の近道になります。